>

最後に確認しておきたいこと

メリットまとめ

宅配ボックスには多くの利点がありますよね。
考えていたより仕事が遅れて、受け取るはずの時間に帰れなかったり、お風呂に入っている時に来てしまったりしても、後で受け取ることが可能です。
女性の人は家をむやみに他人に知られないという利点もありそうです。
宅配側にも良い点があります。
宅配ボックスが常設化されてしまえば、緊急の荷物でない限り、日にちさえ決めてしまえば、時間を自由に調節できるようになるかもしれません。
すると、配達の順番や微妙な時間のズレに気を使わずに済むようになるでしょう。
そうなったら、受け取る側もお風呂に入ったり、コンビニに行ったり、時間を気にして家でじっとインターフォンの音を待っていることがなくなります。
ぜひ常設化をして欲しいですね。

宅配ボックスのデメリット

メリットばかりの宅配ボックス。
思わずそんなふうに考えてしまうほど、宅配ボックスは便利です。
ですが、それでもデメリットも確かに存在します。
例えば、宅配ボックスがあっても、そこに荷物を入れてくれない場合があります。
暗証番号を使って機械で保管しているため、その暗証番号を他人に知られると、盗まれてしまう危険性があります。
人が管理しているわけではないので、責任の所在は配達した側になってしまいます。
それを避けるために、業者が宅配ボックスへの投函を禁止していることがあるんですね。
また、冷凍・冷蔵保存が必要なものは宅配ボックスに預けることができません。

他に、宅配ボックスの設置数が少ないこともあります。
いくら普及しつつあるといえども、その設置にはお金がかかり、家賃にその影響が出たり、値上げをしないためにも設置の数が多くない場合があります。
すると、すぐに一杯になってしまって、使用できないこともあるようです。


この記事をシェアする